リレーサーバーのMTAとは

リレーサーバーはメールを配信するためのソフトウェアを導入しています。


ユーザーが送信したメールを受け取って、そしてそのメールを目的のメールサーバーまで転送することになります。

このようなことを行うためのソフトウェアがMTAと呼ばれています。

MTAはMessageTransferAgentの略で、メールを転送するソフトウェアの総称です。



リレーサーバーは、物理的に見れば単なるサーバーです。

リレーサーバーというのは、必要なソフトウェアが導入されていて、そしてリレーの機能を果たしているときに呼ばれる名前だと言えるでしょう。

お勧めのlivedoorニュースに関してお困りですか。

ですから、MTAは必須なものと考えられます。

では、実際にはどのようなソフトウェアがあるのかというと、Sendmailというソフトウェアが主流です。

Sendmailは、1982年に開発されたソフトウェアなのですが、現在でも用いられています。



もともとはUNIXに搭載するために開発されたものなのですが、現在ではそれ以外の様々なOSに搭載できるように移植されましたから、様々なプラットフォームで活用されていると言えるでしょう。
インターネット上には非常に多くのメールサーバーがありますが、そのほとんどはSendmailga導入されていて、現在のところはインターネット上で標準のソフトウェアであるといっても言い過ぎではないでしょう。メール配信システムにもMTAとしてはSendmailが導入されている場合がほとんどです。

Copyright (C) 2016 リレーサーバーのMTAとは All Rights Reserved.